人の手が足らない時代に、
​人の手でクルマを洗う意味。

人手不足が叫ばれる自動車業界の中で、

私たちは、敢えて手洗い洗車を中心に据えた新ブランド、

『WASHMAN』をリリースすることを決めました。

 

このブランドネームには、人が手で洗うサービスこそが

お店に多くのお客様を集め、息の長いつながりと、

賑わいを生み出すことができる。

その賑わいの中でこそ、人材と企業が成長し、

人手不足という課題の解決にもつながるはずだ。

そんな想いが込められています。

 

この数十年の間で行われてきた激しい価格競争も、

自動車の販売台数減少の波の中で、

徐々に限界を迎えつつあります。

そんな時代だからこそ、価格や特典で競うのではなく、

「クルマをキレイにしてくれる人=WASHMANがいる」

という信頼で選ばれるお店をつくること。

 

それが『WASHMAN』が提案する

手洗い洗車ビジネスの仕組み。

次の時代を前向きに生き残っていくための一手として、

私たちといっしょに、「手洗い洗車」を

はじめてみませんか。